• ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

neem

メモ

こんにちは、店長のneemです。 インドに魅せられてはやくも20数年が経ちました。本物のアーユルヴェーダを体感していただきたいとサロン様を応援します。2017年新しい出会いをお待ちしています。
GMOとくとくポイント使えます
販売商品について
お問い合わせ等
インディゴ使用の注意点
アーユルヴェーダとは
ジグマハーバルの教室のご案内
ホームページで使用している素材のリンク
アユール H ハイビスカス花エキス配合 80ml
型番 1001
定価 2,700円(税200円)
販売価格 2,700円(税200円)
購入数

<アユール・H>

◆ 期待される効果 〜お客様からのフィードバックより〜

地肌のトラブルに

地肌の脂、フケ(層になっているフケも含めて)正常に健やかに機能させる効果。

乾燥、切れ毛、伸びない髪 に水分と必要なオイルを与えます。

固い髪を柔らかく、縮毛を抑え、天然ヘナと組み合わせることでさらに効果的に働きます

柔らかいねこ毛の方の毛穴に水分を与え立ち上がりを持たせます。

いずれもそれぞれの簡単レシピがあります。

ご購入の際にコメント欄にて髪と地肌の状態をお知らせください。
添付でレシピをお付けします。



*ご使用になられる前に〜*
アーユルヴェーダ製法に基づいた防腐剤無添加のハーブオイルです。
真っ赤なハイビスカスエキス豊富な健康な地肌と髪へのトニックのようなオイル。
インドではオイルではなくタラムと呼ばれます。

ビタミンC:ハイビスカスエキスが豊富に配合された養毛効果の高いハイビスカスオイルです。ハイビスカスエキスは毛穴を開かせ、表皮の一番近いところの血行を冷やし、流す力があるといわれ、エモリエント効果が期待されます。

■シャンプー前のヘッドマッサージに使います。続けて少しずつでも使用することで髪を健康に地肌を健やかにします。
■ヘナとの相性はとてもよく、ヘナ100gに大匙一杯程度を加えます。ヘナだけとは異なり、カラーの深みと髪の質感を変えてゆきます。
■■天然ローズの香り

:::::::::::ジグマ・ハーバル とっておきアユール H(ハイビスカスオイル) 若返りレシピ:::::

額に暖めた薬用オイルを右、左、にゆっくと流してゆくシロダーラ。高価で至福の脳内?!神秘のマッサージとして有名です。右、左に流すことが大きなポイントになります。またゆっくりと髪を流れるオイルの方向を変えることもとても大切な要素です。施術者のハートの持ちかた一つなんです!

このシローダーラ、
インドでは一回だけのトリートメントではなく本当は3日以上続けられ、その間は髪は洗いません。
実は頭皮から浸透するオイルはお顔にも浸透し、肌の保湿、しっとりさせる効果が期待出来ます。

頭皮はお顔の面積より地肌の面積のほうが広いのです!

そこで、アユールHを大さじ2杯くらい使う勢いで、たっぷり地肌に塗布します。地肌も軽くマッサージします。
このアユールH、べとべとしません。
タオルを敷いた枕の上に頭を載せ、あるいはビニールキャップなどかぶり、できれば次の夕方洗いたいのですが。。。。無理なら朝シァンプー 。
アーユルヴェーダのオイル恐るべし! を実感していただけます

疲れたときは頭皮もつかれています。
頭皮専用のこのアユールHは頭皮を緩ませ、冷やしリラックス効果を与えると言われています。

髪の素材がテキスタイルが変わった、と多くの方からコメントを頂いております。

是非週1回は続けて欲しいです。

南インドのタミルナドゥ州で、実際に作られ地域の人々に長く愛用されているアーユルヴェディクオイルに手を加え、黒ゴマオイルベースで製造しローズオイルを加えて日本人向きのサラッとしたハーブオイルです。

■ヘアケア化粧品■原産国インド■
* 全表示成分 *
,瓦淕
▲魯ぅ咼慌屮スエキス
コロハ種子エキス
ぅ蹇璽坤イル

発売元:愛媛県松山市山越町452番地7
有限会社ナオショウ
089-927-6088
info@ayure.jp

製造販売元 :肌美和株式会社

製造:ジグマハーバルレメディーズ
タミルナドゥ州 カニヤクマリ インディア

原産国:インド

使用方法についてはこちらを参考にしてくださいませ
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/45622638.html


『 お肌に合わない場合は使用をすみやかに中止してください。』
*手ごろな価格で提供するために容器をペット素材にしております。気になされる方は瓶などに移してご使用ください。
300円で50mlのフロスト瓶をお分けしております。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける