カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

neem

メモ

こんにちは、店長のneemです。 インドに魅せられてはやくも20数年が経ちました。本物のアーユルヴェーダを体感していただきたいとサロン様を応援します。2018年新しい出会いをお待ちしています。
GMOとくとくポイント使えます
販売商品について
お問い合わせ等
インディゴ使用の注意点
アーユルヴェーダとは
ジグマハーバルの教室のご案内
ホームページで使用している素材のリンク
30度新米 奥伊予広瀬家の稲木米 5K 10k 30K予約中!
型番 H5
販売価格 3,240円(税240円)
購入数
種類
重量

オプションの価格詳細はコチラ


広瀬家では今でも稲木米 
天日に干されたお米は今や幻米ともいえそうです
いよいよ本年30年度新米の予約を始めます

今やコンバインで刈り取りながら籾とりして、乾燥機に入れて出荷する時代
乾燥機だって改良されて、乾燥機米と天日干し米どっちが美味しいかなんて、はっきり言って分かりません
ただ、家族総出で刈り取った稲を稲木に干し、じっくりと天日に干して、時間をかけて乾燥させ
また家族総出で脱穀する
この米づくり本当に自然を相手に大変な作業です
それでもこの栽培方法をづづけるのは昭彦おじさんの経験や知恵が生きているからだと思います
さらに家族に対する大きな愛情と

自然を良く知り、それに畏敬の念を持ちながらつきあう
そんな栽培や加工方法には、長い時間をかけて培ってきた知恵があるはず。
便利な世の中になっても、まだ天日干し米をつくる理由には 
そうは言ってもやっぱりそれが良いと、農家の熱いDNAの奥の方から指令が出されているんだとしか思えない
そしてそんなお米は実に美味しいに決まっています

山からの湧き水で創られる天日干し米の美味しさ 命の息吹をきっと感じとっていただけると確信してます

愛媛県産 ヒノヒカリ 減農薬 稲木米 30年度新米

生産者の広瀬昭彦さん 
専業農家としてもう60年 稲刈り参加してみて、実に過酷
この地で60年もの長い間、米や野菜を作ってこられたことを本当に尊敬します

達人のつくる米は籾をまく、土づくりから始まると話されて、びっくりしました
今時、苗から作り、稲木にかけ、脱穀する農家がどれだけいることでしょう
2017年度 今年の稲刈りの様子はこちらをご確認してください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/52160475.html

30年度新米ご予約中!
精米か玄米が選べます 
価格は玄米価格 精米はサービス
5k    3000円 税込 3240円
10K  6000円 税込 6480円
30K 17000円 税込18360円


広瀬ファームより直送 代引き払い限定です
通常は毎月第1、第3日曜日締めのオーダーを当週の水曜に出荷しています

30年度新米は お届け10月中旬予定


詳しくはこちらをご確認くださいませ

ご注文の方には準備でき次第 着日をお知らせします
ご住所に合わせて送料手数料を加算してご請求します


送料 
四国             800円
東京 大阪 名古屋 東北 九州1100円
北海道 沖縄         1500円
*30Kの場合送料無料 30Kは米袋で届きます
上記の金額に代引き手数料プラス300円となります
 
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける